俳句(雪しまき)

雪しまき進み行きます人生は

顔に刺す女の不貞雪しまく

夜の更けぬ事は重きに雪しまく

この記事へのコメント

龍ヶ崎
2014年12月20日 13:29
人生の経過など 夜が来たら明けぬ夜はないを
繰り返すだけなのに まだ 何かを待って 何かに
拘って 居るのですね、宿命も運命も 知り過ぎたのに。
明日の辺り 行って見ようと 謳っていた 3月頃の
短歌が 好きです。
葛野呆言
2014年12月22日 05:31
いつもコメント有り難うございます。

俳句はまだまだへたくそなのですが、チャレンジをしていきます。

この記事へのトラックバック