俳句(俳句)

三月の始まりの日の朝ごはん

三月の楽しむ雨や屋根の音

近づいて顔をそむける三月や

この記事へのコメント

鬼藤千春の小説・短歌
2015年03月01日 22:10
はじめまして!あるブログを拝見していたら、このブログに出会いました。私もブログを開設しています。「鬼藤千春の小説・短歌」で検索できます。一度訪問してみて下さい。
葛野呆言
2015年03月02日 03:20
鬼藤千春様

はじめまして。

コメント有難うございます。鬼藤様のブログも拝見いたしたく思っております。今後ともよろしくお願いいたします。

葛野呆言
龍ヶ崎
2015年03月06日 21:01
弥生の日が急に華やぐ様に感じても、やはり冬を脱ぎ捨て去ったのではなくて 雛祭りの装いに 彩られて この月が 始まるからなのでしょうか、今日などは 風があって 寒い一日でした。
葛野呆言
2015年03月08日 02:41
龍ヶ崎様

いつもコメント有り難うございます。春ももうそこまで来ている感じですが、まだこの季節は寒い日もありますよね。どうぞお身体に気をつけてお過ごしください。

葛野呆言

この記事へのトラックバック