俳句

秋雨や眠れぬ夜もひとりきり

朝露の靴を濡らして法隆寺

不機嫌な父を尻目に秋の色

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック