短歌


朴人でもあるサーカス一座の団長は手の感覚に恐れなす日も

"短歌" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント