俳句

夏の陽がしたたり落ちる西の空

手を伸ばし握り潰すや夏の月

君の眼に赤みを帯びて夏の月

"俳句" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント