テーマ:生活

俳句

虫の声優柔不断これからも 人参をスティックにして秋の朝 普段着も色濃くなりし秋の色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

秋雨や眠れぬ夜もひとりきり 朝露の靴を濡らして法隆寺 不機嫌な父を尻目に秋の色
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

はいく

悔いあらば遠く雷つぶすもの 遠雷や甥のわがまま聞きにしも 梅雨らしく傘の花咲く道玄坂
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

紫陽花の淋しさもまた病むこころ ハンカチをじつとみている淋しさも 午前二時アイスクリームひとり食ふ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

梅雨晴間空はないないなんもない ありつたけ食べるがいいさ梅雨晴間 捕虫網誰もいない部屋にぽつり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

夏屋敷魂濡れる梅雨の空 坂の道下ってゆけば夏屋敷 足音の楽しくなりて夏屋敷
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

冷蔵庫冷たい首さらしをり 昼寝する奴らの首をそぎ落とす 昼寝して一人一殺かぶれけり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

でつぷりとふとつた蜘蛛の巣にかかり 風鈴の一鈴の音かぜはこぶ いらついて奴を殺して豆をまく
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

夜釣船生まれたものは死んだもの 三人でお花畑を荒らしけり うつむいて水中眼鏡にやけをり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

豆をまく父の孤独やボトル水 真っ先に殺したい奴夜釣船 夜釣船死体を一本釣り上げり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

日傘してだらだら坂を下りてゆく あとを追うあなたの影やひからがさ 草刈りて落ちこぼれても積む石や
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

汗かいて精神病歴隠しけり ヨーロピアンリズムマシーンが刻む夏 冷蔵庫下にもぐりて引きこもり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

夏の陽がしたたり落ちる西の空 手を伸ばし握り潰すや夏の月 君の眼に赤みを帯びて夏の月
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

父の日にくたびれた母送りけり カッコウの巣にはひとりとしておらず 血は青く滴り落ちる膝の上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

夏曇親知らずから痛みけり あからさま差別発言昼寝せし 昼寝する差別されてもしなくとも
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

新緑に右の耳穴破れけり 右目から葡萄畑の現われり 意を決して命も恋ひもホトトギス
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

父さんの蚊の声暗き夕涼み 父さんのこころの闇や夕涼み 父さんの陰に潜みて夕涼み
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

梅雨に入り殺してまでもわれはゆく 夏曇死んでみようと思ひても カッコウの薄ら笑いを聞きにけり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

リンドウを逆さに吊りて足尾山 夏曇開ける青い空もあり 一行目二行目割愛夏曇
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

紫陽花や鎌倉線を追いかけて 梅雨空や頷く少女の手をとりて 頬杖をついて冷たき夏曇
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

音もなく崩れ落ちるやホトトギス 善意をも握りつぶして青嵐 青嵐一生懸命をやめてをり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

陰湿な男やもめに殺意あり まやかしも咽喉を通りて夏が来る 水眼鏡前ならえする空の下
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

遠雷やあなたを抱いて首絞めて ホトトギス誰も殺さず帰る道 カッコウの狂つています森の中
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

夕立の狂つた時計音もなく 殺さんとするわれの手につつじ散る 遠雷や悲劇は何度繰り返す
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

冷蔵庫飲みかけの牛乳もあり 青嵐不安隠さず吹きにけり 心臓が今日もひきつり青嵐
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

根つめて生きるすべなし梅雨晴間 狂ひだすアイスクリーム溶けてでも ひきつった心臓鮨のネタになり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

向日葵のような女を殺しけり 死ぬ前の神楽の遠く聞こえけり 青嵐笑つていない自殺前
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

ヤドカリの殻に突き刺す五寸釘 風死んで眠れぬ夜にいびきかく 悲しみは淋しさじやない西東忌
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

ホトトギス「死ねこの野郎」を絶叫し 風死んであたりかまわず蹴りまくる おかしくて笑つていない夏の夜
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

俳句

バルコニー見上げてみれば母の首 青嵐こころの折れてきしみけり かきごほり憎き脳みそかき混ぜて
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more