テーマ:原発

短歌

苦しい苦しい朝の目覚めから解放軍の誤爆あちこち
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

君が目はおくさないこと三里ほど静かな里の空気を見張る
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

古里あとに幾月すぎたとカレンダーめくり時わすれがたき
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

荒れ果てた町走りすぎる駝鳥を見高見見物テレビにぽつり
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

核のない国目指しても原発があとをたたずに稼働を目指す
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

丘に住むトナカイの群れ汚染され足縛られて土に埋められ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短歌

白い煙(けむ) 大声あげて 行進し 陛下の言葉は こころ穏やか
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲間はずれ

缶からを 蹴って みつけられない 夕暮れ 汗のような涙が 仲間はずれのように 流れる
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

うぬぼれ

ポジティブは危険だ! 危機管理を持った ネガティブが 必要な時代に なりつつある。 安易に物事を 進めてはいけない 議論に議論を重ねる 今、最も的確な方法 自分にうぬぼれてはいけない
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

曖昧な関係

曖昧に物事を 済ませ 曖昧に終わらせてしまう 政治の混迷は 国民を困惑させる 政治家のための 政治主導は 国民を愚弄し 国民生活を疲弊させる 利権、金、旧体質....... 笑わせるな
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発神話

空間をもてあそび 翻弄される世界 終末を未来へ押し付け 知らないふりを決め込むのは 昔ながらの常套手段 永遠に人類は続くのか? 今、求められているのは 会話と危機感 安全性云々のレベルの 話しではない!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特攻せよ

誰に対して 怒っているのか 怒ることで 変わるほど 日本には 市民革命がない 特攻せよ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more